Open Fire

直火禁止のお知らせ

いつもキャンプラビットをご利用、お問い合わせ頂き、誠にありがとうございます。

お陰様で当キャンプ場は26周年目に入り、多くのキャンパー様と共に成長することができました。 心より感謝申し上げます。

さて、25年間続けて参りました、"直火による焚火"禁止のお知らせです。

つきましては、令和元年7月1日より禁止とさせて頂きます。

※これからお話させていただく内容について厳しい指摘を含む内容もございます。
 予め、ご理解のほど宜しくお願い致します。

キャンプでの焚火は醍醐味ですね!
しかも直火での焚火はくるぶしから暖まるので
秋・冬キャンプでは効果絶大!
しかし、
第三期キャンプブームと言われる中で
悲しいことにマナーやモラルについても、業界や各メディアでも取り上げられています。
その中で特に問題視されていますのが、火の始末です。

当キャンプ場では数年にわたり警鐘を鳴らし続けてまいりましたが
とうとう直火を禁止にせざるを得ない状況となりました。

立木の側で直火をして木根を燃やす、直火の炉がゴミだらけ、燃やしきれない薪の放置、
チェックアウト後の再火、更には持ち込んだ家具の焼却・・・
このような事例が後を絶たない状況でした。

直火が出来るキャンプ場が激減していくなか、とうとうキャンプラビットも
出来なくなってしまうのは大変悲しい出来事です!

今回の直火禁止に伴い、焚火台を使用する焚火にも一部制限をかけさせて頂きます。

・立木より3m離れたところですること
・台よりこぼれ落ちた薪、灰はきれいに始末すること
・燃え残しの薪などは管理棟に相談し、サイトに放置しないこと
・焚火台のレンタルはございません

ちょっと厳しく聞こえるかもしれませんが、
本当に大したことではないのです!
むしろこれだけで焚火が楽しめるんです!

キャンプラビットに関わらず全てのフィールドで言えることですので
今一度“キャンプ”というものを見つめ返して頂きたく思います。

我々キャンプ場も皆さまに快適、かつ安全なキャンプライフを送って頂けるよう
努めて参りますので、どうかご理解・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

CAMPRABBIT